855: 名無しのヒーローさん
エリが生まれてから今まで出会った人間が自分を道具にして血を抜くオーバーホールと
その部下のヤクザたちと終始自分を切り捨てようとしてたミリオと
唯一庇おうとしてくれたデクなんだから
そりゃデクが一番優しくて
デクを好きになっても当然の理だろ
他の奴に会ったことないんだぞ
no title

857: 名無しのヒーローさん
>>855
だが演技だ
エリちゃん視点でクソマヌケだけどいい人かもしれんが読者は誤魔化せん

858: 名無しのヒーローさん
いや普通に演技じゃないじゃん

860: 名無しのヒーローさん
>>858
オバホに疑われないようにヒーローらしい行動をとっただけだろ
結局エリちゃん助けなかった上に
それを後悔もしてなかったんだから

865: 名無しのヒーローさん
>>860
これはマジで言い訳のしようがない
デクがやったことって少女を助けるために自分の正義を通すことじゃなく
ヒーローとして客観的に見て自然ととれるであろう行動を選択しただけだからな

自分がボロボロの少女を前にしてどうしたいかではなく
客観的な評価にとらわれ、自分の意志、少女自身のことは二の次になってる

職業ヒーローとしては100点満点なんじゃない?
no title

868: 名無しのヒーローさん
>>865
評価を気にしたんじゃなくてサーの計画の邪魔にならないことを選択したんでしょ

861: 名無しのヒーローさん
>>858
違う先輩不自然だ!ヒーローなら見過ごさない!
だからあくまでやり過ごすための演技やで

862: 名無しのヒーローさん
ナイトアイに「とても怯えていた何とか保護してあげられてたら…」って言ってたし
モヤモヤしてて日が経つごとにあの子のことが大きくなってたって言ってたじゃん
後悔はしてたぞ

873: 名無しのヒーローさん
あれはミリオがオボホ相手に演技でやり過ごせやり過ごせっていうから
違う先輩!その方が不自然だ!って返しただけで
エリ助けたかったのはそもそもの気持ちで間違ってないだろ
no title